医師がおすすめする自毛植毛を行うときに発生する症状

SITEMAP

Hair Transplantation

自毛植毛のメリットと注意点

自毛植毛に挑戦してみようと考えている方はいるでしょうか。自毛植毛は長年脱毛症を放置してしまった方に、非常に効果的な植毛法であるといえます。ただ、あまり自毛植毛のメリットや注意すべき点などはクローズアップされていないように見えます。
自毛植毛のメリットの一つとして挙げられるのは、毛根を治療薬で再生できない人に効果的であるという事です。進行度が高い男性型脱毛症は、放置してしまうと治療薬や普通の植毛が効かないようになってしまいます。毛根再生が難しい人には、自毛植毛は非常に効果的です。普通の植毛も難しい人の最終的な手段ともいえるのです。
また、仕上がりが自然に出来上がるのも自毛植毛のメリットといえます。普通の植毛の場合、施術者の腕にもよりますが移植した植毛跡が非常に目立ってしまうケースがあるのです。その点、自毛植毛の場合は自らの毛を移植するわけですから移植部分が目立たず、自然な仕上がりを期待できるのです。
自毛植毛の注意点としては、自分の髪の毛を切らなければならないということです。主に後頭部の髪を切りますが、部分だけ切るので帽子などで隠しておく必要が生まれるのです。また、自毛植毛に成功した場合でも薄毛予防の治療薬は飲み続けなければなりません。もし治療薬を止めてしまえば、植毛部分も薄毛となってしまう可能性もあるのです。

なぜ医師は自毛植毛を勧めるのか?

薄毛やAGAで悩んでいるのなら、植毛手術がお勧めです。髪の悩みを軽減する方法は数多いですが、解決してしまう方法としては、やはり植毛手術が確実でしょう。植毛には自毛植毛と人工毛植毛があります。医師はたいてい自毛植毛を勧めるはずです。
人工毛は比較的手術料が安く、簡易なのですが、数年で抜けてしまいます。そのたびに手術をやり直さなくてはなりません。自毛植毛ですと、植えた部分に新しい髪のサイクルが生まれます。それはほぼ永遠に生え続ける毛髪です。移植するのは抜けにくい後頭部や側頭部の髪なので、抜け毛のひどかった頭皮の上でも育つのです。
人工毛ではこうはいきません。異物として2年ほどで抜け落ちます。医師が自毛植毛を勧めるのはこうした理由です。サイクルを生み出す自毛を使えば、一度で済むからです。もっとも移植する後頭部や側頭部の髪の量が少ない人ですと、必要な分の髪を採取できず、人工毛を使わざるを得ないということになるのですが。
手術費用だけで考えると人工毛は魅力的ですが、何度も手術することを考えれば、自毛植毛のほうがトータルで安上がりになるのです。自毛植毛は新車を買うくらいの高額な手術になり、医療保険も適応されません。しかし、本当に髪の悩みを解消したいなら、痛い出費になっても自毛植毛をするべきなのです。

自毛植毛を行うと発生する症状

誰しもが自身の体についての悩みを感じていらっしゃると思われます。特に人の目が留まり易い薄毛は大きな悩みとなっている方が多いハズです。そんな薄毛を隠す為にカツラを使用したり、増毛や育毛効果を発揮する薬品や施術を駆使されている方も多くおります。しかしほぼ確実に薄毛を隠せるとして「植毛」が特に人気が高まっています。
そんな植毛の中には自身の毛髪を植毛する「自毛植毛」があり、拒否反応や肌トラブルが少ない事で人気を博しています。そんな自毛植毛の施術を受けるとさまざまな症状が起こる事もあります。自毛植毛を行うと発生する症状をご紹介します。植毛した周りの毛髪が抜けてしまうショックロス自毛植毛を行った周りの毛髪が抜けてしまうショックロスは施術を受けた2割程の方が経験する症状となっています。
これはそれまで毛髪が無かった箇所に植毛される事で、頭皮の血流の循環が変化して事により、既存の毛髪への血液循環が悪循環となってしまう事で抜け落ちてしまうのです。しかしショックロスは一時的な症状となっており、抜けてしまった毛髪は再び生えてくる為大きな心配をする症状ではありません。多くの方は「植毛に失敗した?」と思ってしまいますが、新しく毛髪が生える為のサイクルとなっているのです。

pick up

自毛植毛の利点と魅力について

自毛植毛の利点は、自分の髪の毛を使って植毛するという点です。後頭部等に生えている自分の髪の毛を…

more...

自毛植毛にかかる費用のこと

髪の毛がさびしくなっていることに悩んでいて自毛植毛してみたい気持ちはあっても、それをすんなりで…

more...

自毛植毛もロボットの時代に

自毛植毛とは自分の側頭と後頭に残っている自毛を採取して、髪の少ない前頭部や頭頂部に植え替えるこ…

more...

自毛植毛における注意点

薄毛の悩みを抱えていらっしゃる方は非常に多いと思われます。薄毛対策としてカツラを着用したり、育…

more...

» SITEMAP